NEWS&コラム

1on1
1on1

1on1の事前準備(上司編・部下編)


上司と部下が定期的に行う対話「1on1ミーティング」。
最近注目が高まっており、導入する企業も増えています。今回は、1on1ミーティング実施のための基本的な点として、「1on1の事前準備」についてご紹介いたします。

  1. 1on1の準備の基本
  2. 1on1の事前準備【部下編】
  3. 1on1の事前準備【上司編】

目次


1.1on1の準備の基本


1on1ミーティングの事前準備をする際、最も押さえておきたいのは、その目的です。

「1on1は部下の成長・人材育成のために行う取組み」であるため、部下側には「主体的に1on1ミーティングに臨む準備」が必要となり、逆に上司側は「部下のモチベーションを上げ、不安を解消することにつながるような場づくり」が求められます。

部下が主役であるという認識のもと、上司側・部下側のそれぞれに必要な事前準備を確認してみましょう。


2.1on1の事前準備【部下編】


1on1ミーティングの実施において、部下が事前に準備する内容は以下のとおりです。

・今回の1on1ミーティングで話したい内容を決める

・話す順番、得たい成果を明確にする

1on1ミーティングでは、主役である部下自身が主体的に、1on1ミーティングの場を効果的にしようとする意識を持つ必要があります。

そのため、事前準備では「何を話すか」を考え、「どういう順番で話し」「上司からどんなアドバイス・サポートが欲しいか」といった「得たい成果」を明確にしておくことが重要です。「自らの成長につなげる」という観点で、普段の業務連絡では話さない(緊急度が高くない)ものの重要な内容について話すことを心掛けましょう。

また、事前に話す内容等をまとめるための準備シートを用意し、毎回同じフォーマットに入力していくなどの方法も、1on1ミーティングで話す内容を整理するのに非常に有効です。




3.1on1の事前準備【上司編】


上司側の事前準備は、部下側の事前準備を受け、下記の通りとなります。

・部下の話したい内容を確認する

・時間配分を決定する

・部下へ伝えたい「承認」「伸びしろ」を用意する

上司はまず、部下から共有された「今回話したい内容」を確認します。
その上で、限られた時間内で部下の目的が達成できるよう、当日の時間配分と進行を検討します。
そして、上司から部下へ伝えたいこととして、「承認(≒ほめ)」「伸びしろ(≒期待している点)」を、ごく簡単な形で用意します。

部下から期待を確認すると共に、上司から部下へ伝えたい点を事前にポイントに絞ってまとめておくことで、当日上司ばかりが話してしまったり、時間を延長してしまったりということが少なくなります。


まとめ


今回は1on1ミーティングの事前準備として、部下側と上司側、それぞれがおこなうことをご紹介しました。

決められた時間内で、より効果的、かつ信頼関係の深まる1on1ミーティングを実施するためには、部下・上司の双方が事前に準備をして臨むことが非常に重要です。

1on1ミーティングの事前準備シートや面談記録などは、クラウドシステムを活用して管理することもできます。
また、1on1ミーティング制度導入のコンサルティングや、管理職向けのスキル研修も実施していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 


メールでご相談 パンフレットDL