NEWS&コラム

コラム
コラム

1on1ミーティングで部下が押さえておきたいこと

 上司と部下が定期的に行う対話「1on1ミーティング」。最近注目が高まっており、導入する企業も増えています。今回は、部下の立場で1on1ミーティングに参加する際に、押さえておきたいポイントをご紹介します。


1.1on1ミーティングの目的を知る

 まず、1on1ミーティングとは「何か」、そして1on1ミーティングの「目的」を理解しておくことが最も重要です。1on1ミーティングの定義や目的は企業によって異なりますが、一般的には「人材育成を目的とした上司(コーチ)と部下(メンバー)が1対1で行う対話(面談)」のことを指します。

「上司と1対1で話をするなら、すでに面談をやっている」という方もいるかもしれませんが、1on1ミーティングと人事考課面談には、以下のような違いがあります。

 1on1ミーティングを有意義なものにし、効果を高めるためには、上司と部下の両方が1on1ミーティングの目的や位置づけを理解している事が必要です。自社における1on1ミーティングの目的について、確認しておきましょう。

2.1on1ミーティングでは何を話したらよい?

 1on1ミーティングの内容に決まりはありませんが、基本的には、仕事における悩み事や困り事、今後やりたいと思っていることなど、「あなた(部下側)が話したい事」を話しましょう。1on1ミーティングは、「部下のための時間」であり、「部下の成長や気づきを促す場」です。会社によっては、1on1ミーティング実施前に、事前質問を設定している場合もあります。

【事前質問の例】

  • 今日の1on1で何を得たいですか?
  • 現在、うまくいっていること・うまくいっていないことはなんですか?
  • 自分のやりたいことはできていますか?
  • 何か解決してほしいことはありますか?

何を話したらよいか迷う場合は、事前質問の中から話しやすいものについて、話してみましょう。

3.1on1ミーティングのメリット

 「そうは言っても、1on1ミーティングをする意味なんてあるの?」と思う方もいるかもしれません。1on1ミーティングには、部下側にも以下のような効果が期待できます。

自分の言葉で話をし、問いかけをされることで、考えを整理・言語化して内省を深め、不安の解消や次の行動への気づきを得ることが期待できます。

4.率直な意見や感想をフィードバックしよう

 1on1ミーティングは、 「部下のための時間」ですが、ただ受け身でいるだけでは、効果が得られません。1on1ミーティングが効果的に実施できているか、都度振り返り、改善継続していくことが重要です。具体的には、率直な感想や意見を上司や会社にフィードバックするようにしましょう。会社によっては、以下のような項目について、アンケートを実施している場合もあります。

 最初からうまく実施できないのは当然のことです。1on1ミーティングの効果を最大限に高めるために、会社、上司、部下それぞれが意見を出し合い、一緒に制度をブラッシュアップしていきましょう。効果を必ず実感できるはずです。

 以上、部下の立場で1on1ミーティングに参加する際に押さえておきたいポイントをご紹介しました。1on1ミーティングのアンケートや面談記録などは、クラウドシステムを活用して管理することもできます。
 また、1on1ミーティング導入のコンサルティングや、上司向けのスキル研修も実施していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でご相談 メールでご相談 パンフレットDL