NEWS&コラム

1on1
1on1

1on1ミーティングを失敗させないためのクラウドシステムの有効活用方法


上司と部下が定期的に行う対話「1on1ミーティング」。最近注目が集まっており、導入する企業も増えていますが、うまく運用できずに形骸化してしまうケースもあります。


せっかく導入した1on1ミーティングを失敗させないためにも、クラウドシステムをうまく活用している企業も増えていますので、今回は1on1ミーティングのよくある課題とクラウドシステムを活用した解決策について説明します。



1.1on1ミーティングによくある3つの課題


①1on1ミーティングの進め方がわからない

初めて1on1ミーティングを導入した企業では、上司も部下も経験したことがないため「どのように1on1ミーティングを進めたらいいかがわからない」といった相談があるようです。


このような場合、1on1ミーティングでの対話が促進されるよう質問を示すことが有効で、具体的には「上手くいったことはなんですか?」・「上手くいっていないことはなんですか?」・「気になっていることはありますか?」などがあります。このような質問を事前に設定することで、上司・部下が同じ視点で考えることができ、より深い対話をおこなうことができます。


その際、部下の回答内容は上司が事前に確認する必要があるのですが、クラウドシステムを活用すれば、タイムリーに確認することができますので、お互いにしっかりと準備して1on1ミーティングに臨むことができます。


②これまでの1on1ミーティングの内容が把握できない

1on1ミーティングは継続的に行うことが重要で、そのためにも過去の1on1ミーティングとの連動性が必要となりますが、上司としてはすべての部下と過去に実施した1on1の内容を記憶しておくことは現実的に困難です。

例えば、前回の内容を忘れてしまって、同じ内容の話をしてしまう、場合によっては真反対の話になるようなことがあれば、部下としてはがっかりした気持ちになったり、考えが混乱してしまいます。結果として、1on1ミーティングに対する意欲も低下してしまうこともあるのではないでしょうか。


その点、クラウドシステムで毎回の内容を記録しておくことができれば、1on1ミーティング実施前にこれまでの内容を確認できますし、部下としても過去の記録を振り返り、自身の意識の変化や成長を感じることができ、双方にとってメリットが大きいのではないでしょうか。


③1on1ミーティングの運用状況や実施内容を把握できず改善ができない



1on1ミーティングの運用開始後、1on1が継続的に実施されているか、どのような内容で進めているのかを経営陣や人事部門で把握できているでしょうか。


管理職に任せ過ぎた結果、1on1が実施されていなかったり、実施されていても1on1ではなく面談に近い形になってしまったりと、「形骸化」の懸念があるのですが、クラウドシステムには下記のような機能があり、効果が期待できます。


2.クラウドシステムを活用した解決策



①1on1ミーティングの運用状況の把握

 

クラウドシステムでは、1on1ミーティングの実施状況や内容を記録できることが多く、これらの内容を部門単位や個人単位まで人事部門で分析することができます。分析により運用上の課題が明確になり、改善対応がしやすくなります。

例えば、実施率が低い部門や管理職に対して、その原因をヒアリングし、さらに、成功事例の共有や1on1ミーティングの内容を修正するなどの解決策を講じる、といったことです。


 

②1on1ミーティングに対するアンケートの収集



部下にアンケートを行うことで1on1ミーティングに対する率直な感想を把握することができます。

1on1ミーティングそのものへの理解が不十分であったり、上司が部下に“気付き“を与えるような質問ができていない、といった可視化しにくい実態を把握できれば、上司に対して1on1ミーティングの研修を再度実施するなど、今後の1on1ミーティングの質を高めるきっかけにすることができます。




このようにクラウドシステムを活用することで、1on1ミーティングの事務的な負担を軽減したり、本来得たい効果を高めることが期待できますので、1on1を人材育成の基幹ツールとして定着させたい企業は、是非ご検討されてはいかがでしょうか。



メールでご相談 パンフレットDL