NEWS&コラム

1on1
1on1

1on1実施後、部下がするべき3つのこと


 上司と部下が定期的に行う対話「1on1ミーティング」。最近注目が高まっており、導入する企業も増えています。

 前回のコラムでは、1on1ミーティング前に部下側が知っておくべき心構えと事前準備について、ご紹介しました。

    [リンク:【コラム】1on1は何のため?部下が知っておくべき心構えと事前準備

 今回は、1on1ミーティング実施後に、部下側がするべき3つのことをご紹介します。


1.部下が1on1ミーティング実施後にするべき3つのこと


①実施の記録を残す 
②具体的な行動予定に落とし込む
③意識することを書き出す


① 実施の記録を残す

 まずは、実施の記録を残しましょう。会社に決まったフローがある場合は、定められたフォームに必要事項を記入します。もしそのようなフローが定められていない場合でも、実施した日時、誰と話したか、どんな内容について話をしたか等について、簡単に記録を残しておきます。

 いずれのケースでも、大事なことは、話した内容だけではなく、自身の「気づき」や「感じたこと」もあわせて記録することです。上司と話すことで得られた新たな視点や、勉強になった考え方、言われて嬉しかったことや悔しかったこと等、「感情が動いた」ことを、ぜひ記録しておきましょう。今後仕事をするうえで、ヒントや指針になるはずです。


② 具体的な行動予定に落とし込む



 1on1ミーティングでは、「今後はこういう行動をしよう」という話が出たり、自分の中で「次はこんな風にやってみよう」と思ったりすることがあるはずです。そういう気づきがあった場合は、①で記録に残したあと、さらに、具体的な行動予定に落とし込んでおきましょう。いつ・どこで・どんな行動をするのか、細かくイメージし、スケジューラーや手帳に記載しておくのがお勧めです。

 例えば、「お客様ともっとコミュニケーションをとるようにする」という目標ができた場合、「週に1回は○○さん(具体的なお客様名)に電話する」「月曜日の午前中にアポイントをとる」というように、スケジュールに具体的な行動として落とし込むのがポイントです。

③ 意識することを書き出す



 具体的な行動に落とし込むのが難しいことは、書き出すなどして、自分の目に入りやすいようにしておくこともお勧めです。

 例えば「早口で話さない」「わからないことは都度相談する」など、常に意識したいことがあれば、日頃自分の目に入りやすいように付箋に書いて手帳に貼っておく、PCのデスクトップに置いておく、スマートフォンの待ち受け画面やアラートに設定しておくといった方法も考えられます。


2.1on1を単なる会話に終わらせずに自分の成長に活かそう



 人は思っている以上に、自分が話したことを忘れがちです。何も記録せず、1on1ミーティングをその場限りでやりっぱなしにしていると、次の1on1ミーティングの際、前回は何を話したのか、どんな気づきがあったのか、全く思い出せないということも少なくありません。

 しかし、前述の①②③を実践すると、1on1ミーティングを活かした良い成長サイクルが回り出します(下図ご参照)。新たな行動から、次の振り返りにつながり、さらに新たな目標ができる。ぜひ、1on1ミーティングを単なる会話に終わらせずに、①実施の記録を残す、②具体的な行動予定に落とし込む、③意識することを書き出す、この3つを実践してみてください。1on1ミーティングの効果を実感でき、自分の成長にも、上司との関係にも、良い影響をもたらすはずです。

 


 以上、今回は、1on1ミーティング実施後に部下がするべき3つのことについてご紹介しました。1on1ミーティングのアンケートや面談記録などは、クラウドシステムを活用して管理することもできます。また、1on1ミーティング導入のコンサルティングや、上司向けのスキル研修も実施していますので、ぜひお気軽にご相談ください。



メールでご相談 パンフレットDL