NEWS&コラム

1on1
1on1

1on1は何のため?部下が知っておくべき心構えと事前準備

 

 上司と部下が定期的に行う対話「1on1ミーティング」。最近注目が高まっており、導入する企業も増えています。今回は、部下側が知っておくべき1on1ミーティングの心構えと事前準備について、ご紹介します。

1.1on1ミーティングは何のために行うのか

 

 企業が1on1ミーティングを導入する際の目的は様々ですが、多くの場合は、部下の成長支援を目的としています。上司との面談と聞くと、一方的に指導や評価をされる定期面談をイメージする方もいるかもしれませんが、1on1ミーティングは定期面談とは異なり、部下の成長を目的とした「部下のための時間」であり、「部下が自ら考えや気づきを促す場」です。(1on1ミーティングと定期面談の違いは下表のとおり)

この「違い」を部下側も認識して臨むことで、上司も1on1ミーティングを進めやすくなり、有意義な時間にすることができます。自社における1on1ミーティングの目的は何なのか、上司や管理部の発信をよく聞き、意図を確認しておくことが重要です。




2.1on1ミーティングを受ける際の部下の心構えと事前準備


 1on1ミーティングを受けるときに、部下としても大事な心構えがあります。それは、「受け身にならないこと」です。1on1ミーティングの日時が決まり、言われるままに臨むのではなく、事前に準備をしておきましょう。細かくは必要ありませんが、「今回はどんなことについて話すか」ということを少しイメージしておくだけでも、1on1ミーティングの質が上がります。


3.1on1ミーティングで何を話したらいい?


 部下として1on1ミーティングに参加する際、何を話そうか、迷う場合は、以下のようなことを考えてみましょう。

  • 今日の1on1で何を得たいか?
  • 現在、うまくいっていること・うまくいっていないことはなにか?
  • 自分のやりたいことはできているか?
  • 上司に解決してほしいこと・サポートしてほしいことはあるか?


 会社によっては、1on1ミーティング実施前に、このような事前質問を設定している場合もあります


 とくに「うまくいっていないこと」「解決してほしいこと」がある場合は、ぜひ勇気を出して話してみましょう。自分では気づかなかった視点やヒントが得られるかもしれません。また、自分の言葉で話すことで、思考や気持ちが整理される場合もあります。せっかくの貴重な時間ですから、自分の成長のための時間として有効活用する意識を持つことで、効果が上がります。


 以上、今回は、部下側が知っておくべき1on1ミーティングの心構えと事前準備についてご紹介しました。1on1ミーティングのアンケートや面談記録などは、クラウドシステムを活用して管理することもできます。
 また、1on1ミーティング導入のコンサルティングや、上司向けのスキル研修も実施していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

メールでご相談 パンフレットDL