NEWS&コラム

1on1
1on1

【コラム】1on1ミーティングの5つの効果とは

上司と部下が定期的に行う対話「1on1ミーティング」。最近注目が高まっており、導入する企業も増えています。「1on1ミーティング」には、どんな効果があるのでしょうか。今回は代表的な5つの効果をご紹介します。

 

 

1.部下のことをより知ることができる
1on1ミーティングでは、部下の話を上司が積極的に聴く(傾聴する)ことが基本です。部下の話を傾聴していくと、自然と部下の「人となり」を知ることができます。
・どんな仕事をしたいと思っているのか?
・どんなキャリアプランを考えているのか?
・大事にしている価値観は?
・どんな性格なのか?
こういったことは、日々の業務の中ではなかなか話さないものです。しかし、部下の考えや価値観を知ることは、共に仕事をしていくうえで、業務を円滑にし、適切なアドバイスや仕事配分の際の重要な判断材料となります。

 

2.上司と部下の信頼関係が深まる
1on1ミーティングが定期的に行われ、対話の機会が増えると、自然と距離が縮まります。また、1on1ミーティングの時だけでなく、普段からも相談や雑談がしやすくなり、上司と部下の信頼関係が深まることが期待されます。

 

3.行動が変わる
上司との信頼関係が深まり、話を聴いてもらえる・承認される・見守ってくれているという安心感があると、部下は仕事に対する姿勢や日々の学びに主体的になり、チャレンジする気持ちへつながります。それが個人のさらなる成長を促進し、周囲へも良い影響をもたらします。

 

4.上司の気づきや学びにもなる
部下との対話や行動、内省を促すことで、実は上司自身も気づきや刺激を得ることができます。1on1ミーティングは、上司が部下に指導する形の従来の人事評価面談とは違い、対等な目線で、お互いを尊重しおこなうものです。部下との対話から、上司自身が学ぶことも多く、上司自身の意識や行動の変化にもつながります。

 

5.突然の退職やメンタル不調を防ぐことができる
部下の抱えている課題や悩みを把握することは、組織としての課題を把握する機会にもなります。また、1on1ミーティングでは、業務のことに限らず、生活面や体調のことなどが話題になることも少なくありません。定期的に話を聴いていると、心身の不調や環境の変化などに、気づきやすくなります。悩みや不調がある場合に、早期に相談対応できると、突然の退職やメンタル不調を防ぐこともできます。

 

以上、1on1ミーティングの効果をご紹介しました。1on1ミーティングは、部下が本来持っている能力を引き出し、行動を促す、まさに「自ら考え、行動する」自律型人材の育成の手段のひとつと言えます。

 

1on1ミーティングの面談記録などは、クラウドシステムを活用して管理することもできます。また、システムを活用して1on1ミーティングを効果的に活用するために、導入コンサルティングや、上司向けのスキル研修も実施しています。ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でご相談 メールでご相談 パンフレットDL